KINOs photo from Flickr

  • www.flickr.com
    kinoryu's items Go to kinoryu's photostream

PR

« 原子力損害賠償・廃炉等支援機構による「戦略プラン」策定の基本的考え方 | トップページ | 原発事故の「被害の総体」を考える上で重要な視点 »

2015年3月 4日 (水)

汚染水情報の非公表問題は、経産省/規制庁の責任も重い

20150303_230042

東電は2015年2月24日に、福島第一の排水路(K排水路)を流れる雨水の汚染が雨のたびに上昇し、高いときには排水口の出口付近でベータ線を出す放射性物質が1500ベクレル、放射性セシウムが約1000ベクレル検出されていたことを発表した。法律で決まっている濃度限度は、1リットルあたりセシウム134が60ベクレル、137が90ベクレル、ベータ核種のストロンチウム90は30ベクレルだ。

ところが東電は、2014年4月から実施していたK排水路の水の分析について、数値を明らかにしていなかった。加えて、前述した数値は昨年夏のもので、東電が早い時期に、雨水が源とはいえ高濃度に汚染された水が、排水路を通じて海に流れ出ていたことを把握していたこともわかった。

情報隠蔽としか見えないこのような東電の姿勢に、福島の地元や県議会、漁業関係者は一斉に反発。とくに福島県漁業協同組合連合会は、サブドレンからくみ上げた地下水を浄化して海に放出するという東電の計画について協議を続けている途上で、発表の翌25日に開かれた説明会では「信頼関係が崩れた」「漁業者を甘く見ているのか」(2月25日共同通信http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022501001290.html)など、厳しい言葉が続いた。

それでも、政府、原子力規制委員会の反応は鈍かった。2月25日に開催された規制委の定例会合では、K排水路の件が明らかになる前の日に別の排水路で原因不明の汚染濃度上昇があった件については議論したものの、情報隠しのようなK排水路については触れなかった。田中俊一委員長は会見で、規制庁が流出防止策の徹底を指示していないことについて、「監視評価検討会でもそういう話をしているのだから、放置していたとは思っていない」と回答し、規制委/規制庁の責任は否定した。

しかし特定原子力施設監視・評価検討会に東電が提出してきたK排水路の資料は、雨が降っていない濃度の低い時に測ったものばかりだった。一部の委員にデータ不足の認識はあったものの、「データを整理してから」という常套句でグズグズと1年間も提出を先送りした東電に、指示を徹底することはできなかった。

また経産省資源エネルギー庁は、2月26日に実施した中長期ロードマップについての記者レクで、私を含む複数の記者から指摘を受けて、昨年のうちに東電がK排水路でデータを採っていることを認識していたこと、しかし情報を公開するという意識がなかったことを認めた。このような資エネ庁の姿勢に、「東電と同じではないか」と苦言を呈する記者もあった。

こうした経緯を振り返ると、今回のK排水路を巡る騒動は、東電の責任はもちろん、東電に情報を出させることができなかった資源エネ庁、厳しい姿勢で対策を求めなかった原子力規制委/規制庁にも問題があったいえるだろう。

菅義偉官房長官は2月25日の会見で改めて「状況は完全にコントロールされている」という認識を示した。しかし政府はなによりもまず、東電を完全にコントロールすべきではないか。このような情報隠しが続くのでは誰の信頼も得られず、事故収束作業もスムーズに進まなくなる。

※この記事は、Yahoo!ニュースからの転載です。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kinoryuichi/20150304-00043516/
さらに詳しい情報をメルマガでお伝えしています。
ブロマガ http://ch.nicovideo.jp/kinoryu
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001635386.html


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

東電原発事故の取材を続けるため、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

http://www.news-pj.net/request/2012/kinoryuiti-shien.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

検証 福島原発事故・記者会見3−−欺瞞の連鎖 1782151_724913674209415_1534892127_

アマゾン→ http://amzn.to/1d47AgW
1章・脆弱な設備(仮設だらけでトラブル多発。ネズミ一匹で重要設備が停止したことなど)
2章・参院選まで公開されなかったデータ(海に出ているデータを隠した件)
3章・タンクから大量漏洩(東電の事故処理体制が劣化していることなど)
4章・海洋モニタリング(汚染水が海に出てたのは2年前にわかっていたこと、いい加減な東電の核種分析の問題と、汚染水対策の疑問。気象研究所の青山道夫氏のインタビューも)
5章・作業員が足りない(ミスによる事故の多発について。ツイッターで有名な「ハッピーさん」インタビューや中堅作業員が不足する懸念など)
6章・骨抜きの支援法(復興庁参事官のツイッター暴言事件、支援法の必要性と骨抜きの過程)
7章・東電の虚偽説明(うそついて国会事故調を妨害した件)
8章・過渡現象記録(事故原因が不明になっている問題、それを明らかにした元東電社員の木村俊雄さんのインタビューなど)
9章・「復興加速」の裏で(東電の総合特別事業計画と政府の思惑。復興加速は事故被害の極小化)

« 原子力損害賠償・廃炉等支援機構による「戦略プラン」策定の基本的考え方 | トップページ | 原発事故の「被害の総体」を考える上で重要な視点 »

東電福島第一原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560804/61228316

この記事へのトラックバック一覧です: 汚染水情報の非公表問題は、経産省/規制庁の責任も重い:

« 原子力損害賠償・廃炉等支援機構による「戦略プラン」策定の基本的考え方 | トップページ | 原発事故の「被害の総体」を考える上で重要な視点 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

無料ブログはココログ