KINOs photo from Flickr

  • www.flickr.com
    kinoryu's items Go to kinoryu's photostream

PR

« 福島第一で発生している多数の傷病者発生を、東電はほとんど公表せず | トップページ | 原子力損害賠償・廃炉等支援機構による「戦略プラン」策定の基本的考え方 »

2014年12月31日 (水)

福島第一原発、欺瞞の廃炉目標 ── 燃料デブリはどこへ行く?

 政府は30年から40年後に廃炉(法律用語では「廃止措置」)にすることを目標に、復興政策を進めている。しかしこの目標が達成できる可能性は、残念ながら非常に低いというしかないのが現実だ。
 政府と東電が公表しているロードマップは、廃止措置までの工程を以下のように想定している。

中長期ロードマップの工程
・第1期
ステップ2(※)完了〜使用済み燃料プール内の燃料取り出し開始まで
目標時期:ステップ2完了から2年以内
・第2期
第1期終了〜燃料デブリ取り出し開始まで
目標時期:ステップ2完了から10年以内
・第3期
第2期終了〜廃止措置終了まで
目標時期:ステップ2完了から30〜40年後
※「ステップ2」は、2011年4月に示された「事故の収束に向けた道筋」で示された目標で、2011年12月16日に野田政権が完了を確認。同年12月24日に閣議決定された「『日本再生の基本戦略』について」の中で、ステップ2完了を明記するとともに、「道筋」を継承する「廃止措置に向けた中長期ロードマップ」に沿って作業を進め、「廃止措置に向けた取組」を進めると記載している。

 ロードマップが最終目標にしている「廃止措置」は、燃料デブリを取り出して更地にすることを意味している。それにもかかわらず政府は、取り出した燃料デブリをどこに持っていくのかの議論を棚上げにしてしまっている。
 燃料デブリは、核燃料だけでなく、核燃料を収めている原子炉圧力容器や格納容器、それらに付随する補機類や配管などの構造物が、メルトダウンによっていちど溶けたあと、一緒になって冷やされて塊になった物体だ。現在、取り出しを進めている使用済み核燃料に比べても、はるかに危険性の高い「高レベル放射性廃棄物」である。
 スリーマイル島原発2号機の事故では、134トンの燃料デブリが発生したという。(http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=02-07-04-09)。福島第一原発は、圧力容器内で溶融燃料がとどまったスリーマイル島原発とは違い格納容器にまで溶け落ちているので、デブリの量は圧倒的に多い。しかも3基分だ。また今のところ、その量も、場所も、状態も、まったくわかっていない。

※この記事は、Yahoo!ニュースからの転載です。続きはYahoo!ニュースの「福島第一原発、欺瞞の廃炉目標 ── 燃料デブリはどこへ行く?」をご覧ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※詳しい情報をメルマガでもお伝えしています。

ブロマガ http://ch.nicovideo.jp/kinoryu

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001635386.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

木野龍逸の取材活動は、みなさまのご支援により継続することができています。

http://www.news-pj.net/request/2012/kinoryuiti-shien.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

検証 福島原発事故・記者会見3−−欺瞞の連鎖
1782151_724913674209415_1534892127_

アマゾン→ http://amzn.to/1d47AgW
1章・脆弱な設備(仮設だらけでトラブル多発。ネズミ一匹で重要設備が停止したことなど)
2章・参院選まで公開されなかったデータ(海に出ているデータを隠した件)
3章・タンクから大量漏洩(東電の事故処理体制が劣化していることなど)
4章・海洋モニタリング(汚染水が海に出てたのは2年前にわかっていたこと、いい加減な東電の核種分析の問題と、汚染水対策の疑問。青山道夫氏のインタビューも)
5章・作業員が足りない(ミスによる事故の多発について。ツイッターで有名な「ハッピーさん」インタビューや中堅作業員が不足する懸念など)
6章・骨抜きの支援法(復興庁参事官のツイッター暴言事件、支援法の必要性と骨抜きの過程)
7章・東電の虚偽説明(うそついて国会事故調を妨害した件)
8章・過渡現象記録(事故原因が不明になっている問題、それを明らかにした元東電社員の木村俊雄さんのインタビューなど)
9章・「復興加速」の裏で(東電の総合特別事業計画と政府の思惑。復興加速は事故被害の極小化)

« 福島第一で発生している多数の傷病者発生を、東電はほとんど公表せず | トップページ | 原子力損害賠償・廃炉等支援機構による「戦略プラン」策定の基本的考え方 »

東電福島第一原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560804/60894507

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発、欺瞞の廃炉目標 ── 燃料デブリはどこへ行く?:

« 福島第一で発生している多数の傷病者発生を、東電はほとんど公表せず | トップページ | 原子力損害賠償・廃炉等支援機構による「戦略プラン」策定の基本的考え方 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

無料ブログはココログ